Welcome Back!

今日はサンコーホームさんでのサークル!


実は今日、サークル立ち上げ当時に参加してくださっていたママさんが2人目のお子さんを出産してまたサークルに参加してくれていました!しかも2組も!!


立ち上げ当時の緊張で心臓が飛び出しそうなくらい緊張していた頃の参加者さんは特に思い出深く、朝からワクワクしていました!



ドキドキしつつもかわらない笑顔の2人に励まされ、サークルを進めることが出来ました。

そして子供たちの成長に感動しました!


今日は1歳児さんが中心のサークルとなり、ヨチヨチ歩く姿が印象的!!

最年長Soshiが率先して走り回り、だっこをせがむという・・・ハプニングもありましたが(汗)



今月の本はスポットシリーズから”Spot bakes a cake”と”きんぎょがにげた”を英語版でお届けしました。


絵本を読むときにはいくつか気を付けていることがあります。

リズムを楽しむような本は余計なことは言わずに本に忠実に読みます

何度か読んでいる本はアドリブを加えたりして盛り上げることもあります

日本語の本を英訳するときは月齢に合わせてシンプルに読んだり日本語で説明を入れながら読んだりもします。


今日のきんぎょがにげた、は目にしたことがある子が半分くらいいたようなので


Where is a fish?

There is a fish.


の繰り返しを中心に英語での説明も加えて少し盛り上げて読みました。




我が家では


赤ちゃんの時はシンプルに読んでいたこの本ですが、1歳~2歳にかけては話を盛り上げながら読んでいて、2歳後半からはまたシンプルに読んでいます。


2歳後半から私の読みを真似たりリピートすることが多くなってきたのでシンプルな文章の方が定着するみたいです。


Where is a fish?


の意味が理解できて、自分で魚を見つけて Here! とか Fish! といいながらきんぎょを指さします。3歳を過ぎると There is fish!(a は抜けちゃうみたいですけど)と言うこともあります。


読み聞かせだけならどんどん難しいというか語彙数が多い本も聞いていますが自分で読むようになっていく年齢はまた赤ちゃんの時に読んでいたような簡単な本に戻っていくのがいいのかな~と感じています。



今日もご参加くださった皆さんありがとうございました!!


Have a nice weekend!