親子留学あれやこれ その2

こんばんは

 

昨日は天気が悪く、家でクラフトデーしていました(笑)

丸く書いたところに折り紙に書いた数字を張って時計を作ったり

貨物列車に数字を付けたり

 

どうも私がやるとお勉強要素が入ってしまいます(苦笑)

 

ちょっと反省して、雨の合間にきれいな葉っぱを拾ってきて紙にペタペタ貼ってみました。

 

風邪が強かったのでたくさん葉っぱが落ちていて黄色も緑色も集めることが出来ました

たまには天気が悪い日におうちで過ごすのもいいものですね

 

さて、親子留学の費用の話

 

今回、私達は

行先はカナダ

私とSoshiが4週間 夫が9日間の滞在でホームステイ

私が3週間の語学学校、夫が1週間の語学学校、Soshiは4週間のデイケア

エージェントを介しているので手続き費用、ホームステイ紹介料、空港からステイ先への送迎費用、緊急用のプリペイド携帯、現地でホストファミリーが使うチャイルドシートレンタル

 

などで  6875カナダドル!!

 

(カナダドルは1ドル95円位です)

 

航空券、海外旅行保険、現地でのバス代等は別途自己負担です

ホームステイは基本3食込みなので必要なものは言えば買ってもらえます。生活に必要ないものや相手がわからないようなものは自分で買うので自己負担です。

 

結局現地での買い物や、週末観光したお金などを含めると総額で100万円位はかかっているのではないかと思います(汗)

 

大人なら我慢する所でも、なかなか子供の口に合わない食事だったりして、買い足したものが多かった(冷凍の納豆や枝豆、豆腐など)プラス、バンクーバーは今インフレでかなり物価が高いことも理由のひとつです

 

何と言ってもデイケアは大人の語学学校と同じくらいの値段で、

一ヶ月、1500ドルとかなりお高いのです・・・。

 

今回我が家では独身時代からずーっと貯めていた私のマイルを活用したので航空券は自分で手配する形になりましたが、エージェントによっては航空券込みで手配してくれるところもあります

 

同じような滞在期間でいくつか見積もりを取っていますが、8000ドル近いところもありましたし、もう少し安いところもありました。

 

 

けれど、紹介できるデイケアの場所やこどもの人数、語学学校などが違っていて純粋に同じ条件という所はありませんでした

 

語学学校で知り合った日本人で1歳半の子供連れで5か月滞在予定、120万円位支払った、という人もいてエージェントによってかなり差はあるようです。

 

 

高ければ良いホストファミリーを紹介してもらえるということでもないですし(相性というのはありますしね)


判断は難しいところです

 

 

特にアメリカ、カナダは親子留学、普通の留学ともに費用は高い方です

オーストラリア、フィリピン、セブなど滞在先が違えばかなり値段も違ってきます

 

滞在目的にもよるでしょうからどれが正解ということではないのでしょうね!

 

カナダで出会った日本から親子留学されている方の中には毎年きている、という人もいましたが、我が家は至って普通のサラリーマン家庭ですので毎年なんてとんでもない!!

 

でもまた行きたいので頑張って貯金します~

 

以上、みんなが気になる(笑)お金の話でした。