親子留学あれやこれ

親子留学というか家族留学に行ってきて家族それぞれに色々な変化がありました


一番変化があったのは実はオット!


彼は英語が苦手で、

今まで英会話教室に通ったこともなく、

いきなりカナダで語学学校に入りました(笑)


もちろんカナダ行きを決めてからは自宅で勉強していましたが

「ホームステイ直前英会話」

「起きてから寝るまで英語表現600」

この2冊をひたすら覚えるという勉強+自分の自己紹介などを英語で言えるようにする


という独自路線!

これだけでカナダに乗り込んだのですが


自分と同じく英語が苦手だったりもっとしゃべれない人も語学学校にいたけれど、学校の中では英語しか話せないし、日本人もあまりいないので下手な英語でも話せばなんとか伝わるということを体感したのです


帰国して最初の休日に向かったのは英会話教室の体験レッスンでした



あんなに毛嫌いしていたのに(でも英語を話したい、話せたらいいな、という気持ちはあった)こんなに変わるんだな~と私の方がびっくりです。




そして二番目はやっぱりSoshiです


最近自分や私が普段話している言葉の他にもう一つ言葉があって、それは英語と言うらしい・・・ということに気が付いたみたいです(笑)



ママ英語でお話ししないで!と言われることもありますが


寝る前に読んで!と持ってくる本が英語の絵本のことが増えました

(日本語の絵本が圧倒的に少ないから?)


そして英語の本を読んでいて疑問に思ったことを質問してくるのですがこれは日本語だったり英語の単語だったりします。


あと、絵本の中のセリフをそのままお散歩の途中に言い出したり

ジョージの絵本と同じように自分がジュースをこぼしたりすると

I'm George! と言って笑ったり

It(The juice) jumped, too!と同じセリフを言ってみたりします



また、最近英語教室の体験行脚をしているのですが

大体 What's your name?と How old are you?

は聞かれるんですね。


My name is Soshi

I'm two


これは小さい声ですが答えられるようになり、外国人の先生でもあまり怖がったりしなくなりました。



最後は私


私は英語でSoshiに話しかけることが苦痛では無くなった気がします(笑)

そしてもっと話したいなーと今まで持っていた子育て英語の本を読み返して新たなフレーズをインプットしたりと新鮮な気持ちがあります



今月は前の英語教室も辞めてしまってまだ次の教室を決めていないので私が頑張らなくちゃ!とプレッシャーがあるのも事実ですが、オットやSoshiの変化に良い刺激をもらっています。


親子留学に興味のある方、何か聞きたいことがあればメールでも直接でもブログでもなんでも構いませんのでお問い合わせください


今まで一番聞かれた質問は「いくら位かかりましたか?(費用)」でした



答えは次のブログで(笑)



あ、お知らせです!


11月はひっさびさの土曜日のサークル開催します!


☆11月15日(土曜日)10時半~ クローバーサロンにて☆


申し込みは11月1日開始の予定です

よろしくおねがいします