子は親の鏡

最近、読書にはまっています

 

もともと本が大好きな私ですが子供が生まれるとなかなか本を読む時間がない!

でも若松さんの本をきっかけに、育児書を何冊か読みはじめ

 

さらに最近こどものしかり方を考えさせられる場面に遭遇し

 

しかり方

 

ほめ方

 

どんなふうに話すか

 

子育てで自分が大事にしたいことは何か

 

などを考えるようになったのも大きな理由です

 

 

そして10年ほど前に大反響を呼んだ「子どもが育つ魔法の言葉」を改めて読み

親になった今、とても深いことを学べる本だと感じました

 

 

「子は親の鏡」

 

これはその著者が書いた詩でどこかで目にしたことがある人は多いかもしれませんが

じーーーっくり読むと色々と考えることがありある意味哲学のようでもあります(笑)

でも改めて素敵だなって思ったで掲載します最後に英語での原文も載せますね☆

 

 

 

 

 

「子は親の鏡」
 
けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる


とげとげした家庭で育つと、子どもは、乱暴になる


不安な気持ちで育てると、子どもは不安になる

 

 「かわいそうな子だ」と言って育てると、子どもは、みじめな気持ちになる

 

 子どもを馬鹿にすると、引っ込みじあんな子になる


 親が他人を羨んでばかりいると、子どもも人を羨むようになる


 叱りつけてばかりいると、子どもは「自分は悪い子なんだ」と思ってしまう


 励ましてあげれば、子どもは、自信を持つようになる


 広い心で接すれば、キレる子にはならない

 

 誉めてあげれば、子どもは、明るい子に育つ


 愛してあげれば、子どもは、人を愛することを学ぶ


 認めてあげれば、子どもは、自分が好きになる

 

 見つめてあげれば、子どもは、頑張り屋になる

 

 分かち合うことを教えれば、子どもは、思いやりを学ぶ


 親が正直であれば、子どもは正直であることの大切さを知る


 子どもに公平であれば、子どもは、正義感のある子に育つ

 

 やさしく、思いやりをもって育てれば、子どもは、やさしい子に育つ


 守ってあげれば、子どもは、強い子に育つ


 和気あいあいとした家庭で育てば、
 子どもは、この世の中はいいところだと思えるようになる
 
copyright@1972,Dorothy Law Nolte,Ph,D.
 訳:石井千春

 

原文はこちらです↓

 

CHILDREN LEARN WHAT THEY LIVE
 
 If children live with criticism, they learn to condemn.
 If children live with hostility, they learn to fight.
 If children live with fear, they learn to be apprehensive.
 If children live with pity, they learn to feel sorry to themselves.
 If children live with ridicule, they learn to feel shy.
 If children live with jealousy, they learn to feel envy.
 If children live with shame, they learn to feel guilty.
 If children live with encouragement, they learn confidence.
 If children live with tolerance, they learn patience.
 If children live with praise, they learn appreciation.
 If children live with acceptance, they learn to love.
 If children live with approval, they learn to like themselves.
 If children live with recognition, they learn it is good to have a goal.
 If children live with sharing, they learn generosity.
 If children live with honesty, they learn truthfulness.
 If children live with fairness, they learn justice.
 If children live with kindness and consideration, they learn respect.
 If children live with security, they learn to have faith in themselves and it those about them.
 If children live with friendliness, they learn the world is a nice place to live.
 
copyright@1972,Dorothy Law Nolte,Ph,D

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    sorakomama (月曜日, 20 5月 2013 14:16)

    素敵な文章ありがとうございました(゜-゜)(。_。)(゜-゜)(。_。)本当にうんうんと、うなずきながら、読ませて頂きました!
    機会があれば、本わたしも、読んでみたい、、、サンクス!

  • #2

    naomi (月曜日, 20 5月 2013 23:08)

    sorakomama> 

    うんうん
    機会があれば、なんて言わずに是非時間を見つけて読んでみて!
    「子どもが育つ魔法の言葉」

    いつ読むの?

    今でしょ!(笑)