秋田のゴミ事情

秋田に引っ越してきて早いものでもうすぐ3ヶ月!

 

秋田に来て驚いたことのひとつにゴミ事情があります。

 

 

それはとってもゆる~いのです。

基本的に指定のゴミ袋に入っていれば回収してもらえます。

 

例えば割れたコップもアルミのキャップもCDも電気コード類も全て燃えるゴミでOK!ただし、袋が破れたりするといけないので新聞などで包み、ゴミ袋の中央に入れるます。

 

 

静岡県の伊豆の国市から来た私にはオドロキの連続でした。

ちなみに伊豆の国市では燃えるゴミは生ゴミとティッシュ位なもの。

 

フィルム、硬いプラ、発泡スチロールのトレイ、牛乳パック、などかなりの分別が必要だったのであります。

 

金属とプラが混ざっていると分けるのが大変だったりして、ほんといつも大変でした。でも、時代の流れもあるし、なるべくゴミを減らそうという意識も芽生えていた。

 

 

最近はそういう意味ではちょっとなあなあになっているけど、トレーや牛乳パックなどスーパーで回収しているものは頑張って心がけています。

 

 

秋田でもごみ減量の取り組みは行われているようで、その一環としてゴミ袋の値段を上げようとしているとか・・・やっぱりお金がかかってくるとみんな減らそうと努力するのかな♪